こんな時だからこそ免疫力!!

2021年01月9日

寒さが一段と厳しくなってきましたね。

乾燥も強まり、感染症へのリスクが高まってきました。

新型コロナウイルスも未だ猛威を奮っています。

今回は免疫力を上げるためにどんなことができるのかをご紹介いたします!!

 

こんな時だからこそ免疫力を強化しましょう!!

免疫力を高めるために重要な要素は以下の4点です。

①体温を上げる為の適度な運動

体温を上昇させるため、30分程度のウォーキングをすると良いでしょう。

もちろんお家時間でできるトレーニングもオススメです!

筋肉量が上がると基礎代謝が上がる為、熱産生効率も上がるとされています。

 

②バランスの取れた食事

特に、免疫力を上げる際に気をつけたいのは「腸内を冷やさないこと」

冷たい飲み物は避けて、暖かい飲み物を多く飲むようにしましょう!

さらに食物繊維は腸内細菌の栄養となり、消化活動が活発になる為、腸内温度を上げる要因となります!

また、生姜シナモンなど、漢方薬の原料にもなっている身体を温める食べ物を積極的に摂りましょう!!

身体を温める食べ物

【野菜】

 根菜類(にんじん、玉ねぎ、蓮根、ごぼうなど)

 生姜、ニンニク、生姜、カボチャ など

【果物】

 りんご、ぶどう、みかん、もも、さくらんぼ など

【動物性タンパク質】

 たまご、赤身魚、あさり、たこ、レバー、小魚 など

【調味料】

 味噌、唐辛子、蜂蜜 など

【その他】

 ごま、豆類(あずき、黒豆、ピーナッツ) など

③十分な睡眠

睡眠不足は自律神経を狂わせ、免疫力を低下させる原因となります。

特に冬場は手足の温度が冷えやすいですが、人間は手足が暖まらないと寝られない生き物です。

寝る前は白湯(さゆ)などを飲み、腸を温め、スマホを触らずに部屋を暗くしてお布団に入りましょう!

 

④自律神経を整える治療

ほねごりで行う治療は「トリガーポイント療法」や「はりきゅう治療」など、自律神経の乱れを整え、免疫力を向上させる働きがあります!

特に「お灸」は冷えた身体を温める働きがあります。

さらに基礎代謝を高めるために「インナーマッスル」を鍛えることで、身体の中からも温めることができます。

ほねごりでは「楽トレ」「G-TES」でインナーマッスルの強化をすることができます!!

痛みをとるだけでなく、免疫力向上にも、身体に刺激を入れることはとても重要です!!!

 

免疫力向上のために

ほねごりグループでは、来院された患者様の免疫力向上のため、暖かい「生姜湯」を無料配布しております。

患者様の免疫力向上を目的として、寒い中でもしっかりと身体を温め、免疫力を上げましょう!!