腰椎椎間板ヘルニア│原因と対処法

  • 腰から足にかけて痛い
  • 家事や仕事に支障がある
  • 足がしびれる
  • 整形外科でヘルニアと診断された
  • 手術を勧められた

ヘルニアってどんな症状?

体内の臓器が、本来あるべき場所から飛び出してしまった状態を「ヘルニア」と言います。

体の場所によって様々なヘルニアがあり、有名なところでは、脱腸(鼠径ヘルニア)などがあり、これが背骨の間にある「椎間板」(ついかんばん)と呼ばれるクッションにおこったものを、「椎間板ヘルニア」と呼びます。             

椎間板の中に存在する「髄核」(ずいかく)と呼ばれる組織が、外に飛び出た状態であり、椎間板が加齢などにより変性し、断裂することで起こります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

 主に腰から殿部、足にかけて痛みや痺れ、動かしにくいなどの症状が出現します。

 殿部からもも裏にかけての痛みは坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)と呼ばれます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

多くは日常生活の中で、長時間の運転や重いものを持ち上げる動作など、腰への負担がかかる動作の積み重ねによって発症します。

繰り返す椎間板への負担が椎間板ヘルニアを引き起こす為、重いものを持つ肉体労働者に多く、特に20代から50代の男性に多く見られます。  

 

腰椎椎間板ヘルニアをそのままにしないために

時に進行すると感覚障害足の感覚が全てなくなる)や膀胱・直腸障害(排便・排尿のコントロールができなくなる)などの症状が見られることがあります。

障害の程度によっては安静のための入院や手術が必要となる症例があります。

腰の痛みが長く続く場合や、下半身に痺れがある場合などは、放置せず整形外科や整骨院の受診をおすすめします。

ほねごりグループのヘルニアの治療について

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、痛みに対して硬くなっている腰部の筋肉を緩めることを目的とした「手技療法」や、筋肉や神経にアプローチする「はりきゅう治療」があります。

なお、はりきゅう治療は腰痛や神経症状によっては保険が適応になることがございます。

また、歪んでいる骨盤を正常に戻すための「骨盤矯正」や、自身の筋肉で背骨をしっかりと支えられるよう、インナーマッスルを鍛える「楽トレ」など、根本的に解決していく方法もご提案できます。

椎間板ヘルニアは放置せず、数多くの患者様から喜ばれ、信頼されているほねごりグループでしっかりと治療しましょう!!