鍼灸

こんな不調でお悩みではありませんか?

胃のあたりがムカムカ

  • 最近、体や手先が冷えている
  • 体にむくみがある
  • 胃腸が痛い、便秘がある、お腹がゴロゴロする
  • 寝つきが悪くて困っている
  • 慢性的なしびれや急性の痛みがある

鍼灸、お灸施術を用いる理由

鍼灸

鍼灸は肩こりや腰痛、神経痛などに効果があると世間では認識されているようですが、さまざまな疾患に有効であると国立衛生研究所で発表されています。

たとえば、自律神経の症状、不眠、むちうち症状、胃腸炎、気管支炎、更年期障害、眼精疲労、高血圧、息切れ むくみ、女性特有の症状など。
内臓や神経と関わりの深い症状で、鍼灸は効果を発揮します。

鍼灸は保険外治療として、保険が適応できないような疲労、神経症状、慢性的な症状の改善において現場で用いております。(かかりつけのお医者さんの許可で、保険適応になる症状はあります)

手技よりも、じんわりリラックスしながら受けて頂けると思います。
人によって、刺されると思うと体が緊張してしまい強張ってしまうので、無理にすすめてはおりません。
鍼灸は1000年の歴史があり、自然治癒力や体の循環力を高めるナチュラルな施術です。
デメリットは、背中に刺す場合は着替えて頂いたり、完全に無痛というわけではない点です。
しかし、それ以上に鍼灸には施術において良い点がたくさんあるので、是非お試しください。

当グループでの鍼灸4つのメリット

きわめて細いステンレス製の鍼を使用

ステンレス製の鍼

当グループ院は、扱いやすいステンレス製の鍼を使用しております。すべて使い捨てで衛生的。
長さは40mm~80mm、太さ0,2~0,3mm程度の鍼の先を、ツボに刺入します。「鍼を指すと痛そう」と感じる方は多いですが、筋肉の深部にアプローチできるので、柔道整復師のマッサージではアプローチしにくい筋肉にも対応できます。
部位によって使い分けていますが、細い針をつかいます。
人によってズーンとした痛みはありますが、我慢できないような嫌な痛みではないので、一度是非ご体感ください。苦手な方は筋肉が緊張して強張ってしまうので、使用しない場合もございます。特に鍼灸は、しびれや神経症状において得意です。

身体の調子を整える「お灸」のご提供

お灸

当グループ院では、お灸は「すみ灸」と呼ばれるお灸をつかっています。
「すみ灸」はよもぎから作られたお灸で、生薬としてカラダを温め、消毒、鎮痛効果、内臓系の不調に効果があるとされています。
すみ灸は、煙もあまり出ず独特なにおいもありません。

普通のお灸と違って、火を使って燃やさずとも一定の熱で、お灸と同じ効果があるおだやかな熱刺激を与えていきます。
刺激が弱く、妊婦さんでも使用できて、人間の免疫力や自然治癒力を高めてくれる作用があります。

お灸は、痛みが翌日劇的に改善するなどといったものはありませんが、身体の調子を整えて、自然に健康に向かっていける予防法として最適です。

じんわり温まる「箱灸」のご提供

箱灸

「箱灸」は、通常のお灸とは違い、箱の中にお灸をいれて、空気から温めることにより患部に熱伝導します。
じんわりとした熱で、リラックスしながら体内を温めることができます。
冷え性や女性特有の不調、内臓の機能低下による不調に効果を発揮するといわれています。

最近胃がむかむかする、食欲不振、お腹の調子が悪いなど、内臓の調子が思わしくない方に最適です。
自律神経の不調の施術において、神経が通っている背骨に広範囲でアプローチできる箱灸がおすすめです。

小児鍼のご提供

小児鍼

子供でも受けられる小児鍼も、取り扱っております。(こちらは、大人にも痛くない鍼として使用します)
お子さんの夜泣きや夜尿症、かんしゃく、風邪の予防、アレルギー症状に効果があります。
「鍼」といっても刺すわけではなく、ローラー部分でコロコロと転がすのみです。
子供の体はこういった低刺激だけで、十分効果が期待できます。

ほねごり君のQ&A

Q&A


鍼灸は保険外施術となりますが、かかりつけのお医者さんの許可で保険適応でのご提供も行っております。
「鍼は怖い、効くの?」という方でも、一度お試しいただければその効果を実感していただけると思います。苦手な方は筋肉が強張ってしまい施術できませんので、しっかりご要望をお伺いしております。
トレードマークほねごり君でおなじみ、ほねごり整骨院グループに是非ご相談ください!