野球肩

  • 投球動作で肩が痛い
  • 遠投ができない
  • 練習の後に重だるさ、痛みが消えない
  • 野球肩と診断された
  • 早く競技に復帰したい

野球肩とは?

野球肩は、主に野球の投球動作によって生じる肩関節の運動障害です。

「ボールを投げる」動作は、複雑な肩関節の動きによって起こるため、実に様々な原因が挙げられます。

野球肩の原因

そのほとんどがオーバーユース(使いすぎ)によって起こります。

投球動作は全身運動のため、下半身の筋力が伝わることで肩にかかる負担は相当なものとなり、肩関節周囲の組織は傷つきやすくなります。

特に投球を続けるピッチャーに多く、「投球フォームが合わない」「無理なピッチングを続けてしまう」「投球数の規定を超えた練習」などにより、障害を起こす割合が増えていきます。

 

インピンジメント症候群

インピンジメントとは「衝突」という意味があります。肩関節の安定性に重要な腱である「回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)」が肩甲骨や上腕骨の間で挟まり、繰り返し衝突することで炎症を起こします。

 

上腕骨骨端線障害(リトルリーグショルダー)

成長期に多くみられる障害で、少年野球の選手に多くみられます。

成長期は大人と異なりまだ骨になっていない「成長軟骨」が多く、繰り返す投球動作などにより、上腕骨の成長軟骨が損傷するため起こります。

成長軟骨の損傷によって、場合によっては大人になってから腕の長さが違う、野球を続けられないなどの体になってしまうことがあります。

 

関節唇損傷

大人になってからみられることが多い疾患で、肩周辺の筋肉、腱、靭帯、関節のはまっている「関節唇(かんせつしん)」が損傷することで起こります。

 

その他

投球動作によって肩関節を包む関節包の炎症や、腕の上腕二頭筋腱や肩の棘上筋腱など、筋肉や腱の炎症、筋肉の緊張により肩甲上神経が挟まり圧迫を受けることで、支配を受ける肩甲骨の筋肉である棘下筋が萎縮するなど、様々な障害が起こります。

 

野球肩の症状

初期は運動後の痛みがメインですが、症状が進行すると少し動かすだけで肩や腕に痛みが出る、痛みによって投球動作ができない、肩が腫れる、熱を持つなどが起こります。

野球肩をそのままにしない為に

野球肩はオーバーユースによって生じる運動障害のため、痛みを我慢して投球を続けても痛みが改善することはありません。

症状が進行すると、筋腱の断裂疲労骨折など、手術が適応となり、競技に復帰するまでに相当な時間を要する場合や、選手生命を縮めてしまうことがあります。

痛みや違和感を感じたら練習を休んで整形外科や整骨院を受診しましょう。

ほねごりグループの野球肩治療について

初期の治療では、安静が重要となります。動かさないよう「テーピング」で固定を行い、炎症症状を緩和させる為、「アイシング」やオリンピック選手も使用する「ハイボルト療法」を行います。

また、筋肉の硬さや痛みについては「手技療法」「はりきゅう治療」で血流の改善を行い痛みを和らげます。

さらに、投球動作は、骨盤・体幹・肩・腕・手首の複雑な連動運動によって成り立ちます。骨盤の中にあるインナーマッスルが使えないことで、体幹を使った投球ができず、無理なフォームで余計に肩を痛めてしまうため、インナーマッスルを「楽トレ」で鍛え、肩の内巻きを矯正する「猫背矯正」を行い根本的なアプローチを行います。

 

 

野球肩は放置せず、数多くの患者様から喜ばれ、信頼されているほねごりグループでしっかりと治療しましょう!!