O脚

  • 下半身が太く見える
  • ガニ股で服が合わない
  • 膝が痛い
  • 立ち姿をキレイにしたい
  • O脚を治したい

O脚とは?

O脚は内反膝やガニ股とも言われ、左右の内くるぶし(内果)をつけて、つま先とかかとを揃えて立っている状態で、膝の内側がつかずに外側に開いている(内反)している状態をいいます。

その見た目から、アルファベットの「O(オー)」のように見えるためO脚と呼ばれます。

 

乳幼児期は自然にO脚とになりますが、成長と共に変化します。また、成長期以降にO脚になることがあります。

 

O脚の原因

生理的な変形と病的な変形とに分かれます。

生理的な原因としては、立ち方・歩き方の癖や足を組む癖、運動不足、不良姿勢などの日常生活にあります。

また、病的な原因としては骨の発育や形成不全、靭帯の損傷、怪我などが挙げられます。

 

O脚の症状

生理的なO脚の場合は特に痛みはなく、左右対称に膝が内反します。片側のみがO脚になる場合、股関節や膝関節の変形、骨の異常など病的な原因が疑われます。

内果(内くるぶし)をつけた状態で立った時、膝の隙間が指3本以上入る場合、O脚と診断されます。

 

X脚について

X脚外反膝や内股とも言われ、膝の内側をつけた状態で立った時、左右の内くるぶしがつかない状態をいいます。

座り方や立ち方、歩き方などの日常生活による不良姿勢や、筋肉がアンバランスにつくことによってX脚になります。

生理的なX脚の場合痛みはありませんが、進行すると痛みや変形を引き起こします。

 

 

O脚をそのままにしない為に

O脚は見た目が悪いだけではなく、放置することで膝の変形や痛みを起こす「変形性膝関節症」の原因となります。また、足底や足首に負担がかかることで、「足底筋膜炎」「外反母趾」などの変形や障害が起こることもあり、余計に歪みを強くする原因となります。

また、病的なO脚の場合、手術が適用となる症例もあるため、問題がないか一度整形外科や整骨院でしっかりと検査しましょう。

ほねごりグループのO脚治療について

歩き方や座り方など、日常生活で殿部から足にかけての硬さが見られる為、「手技療法」「はりきゅう治療」で筋肉の血流改善を行います。

また、足首から足裏にかけての土台を矯正する為、「フットプログラム」で足関節の動きを改善し、海外では主流となっている足病学に基づく「インサートプログラム」で、日常生活での歩行を足元から矯正していきます。

さらに、O脚の根本治療として、骨盤から足にかけての歪みに対して「O脚矯正」を行い、不良姿勢の原因となるインナーマッスルの低下に対して「楽トレ」で鍛えていきます。

O脚は放置せず、数多くの患者様から喜ばれ、信頼されているほねごりグループでしっかりと治療しましょう!!