仙腸関節炎

  • 椅子に座るとお尻や腰が痛くなる
  • 仰向けに寝る事ができない
  • 痛い側を下にして寝る事ができない
  • 歩き始めに特に痛みが出やすい
  • 前屈みの姿勢になると痛む

仙腸関節って??

腰の痛みも多岐に渡りますが、腰の下にあるお尻の辺りに痛みが生じる場合、

“仙腸関節炎”の疑いがあります。

仙腸関節というとあまり聞き慣れない方も多いかと思います。

前屈みになる時などに仙腸関節は多少動きますが、仙腸関節は特に動きの少ない関節で動いたとしても2mm~3mmだと言われています。

そのため、ちょっとしたことで動かなくなってしまい機能が低下してしまう事があります。

その状態で身体に負荷がかかることで仙腸関節に炎症が起きてしまい痛みがでる事を【仙腸関節炎】といいます。

レントゲンでわかるの??

仙腸関節炎は、整形外科で行われる様な一般的なレントゲンやMRI、CT検査において異常がみられないため、診断が難しく見逃されることが多々あります。

 

痛みが強くでているのにどんな状態かわからなければ不安になりますよね。。。

ただ、仙腸関節の役割や機能そのものについてまだわかっていないことも多く、治療方法も予後もさまざまな面において研究途上にある病気です。状態を細かく見ていく事が非常に重要になってきます。

 

仙腸関節炎の症状

主な症状としては腰、お尻に痛み出てしまいます。お尻以外にも太腿や足に痛みやだるさや痺れが出る事もあります。いつも通りできてきた様な何気ない動作でも痛みが出てしまうので治療が必要になってきます。

 

仙腸関節炎をそのままにしない為に

この仙腸関節炎はそのまま放置していてもなかなか改善せず痛みが長期化してしまう事があります。痛みも重いズーンという痛みもあれば鋭く痛みが出る事もあります。

長期化してしまうと日常生活や仕事にも影響が出てしまいます。

そうならない為にもしっかりと治療を行っていく事が重要です!

ほねごりグループの仙腸関節炎の治療について

ほねごりグループでは、ズーンと重い痛みが続いている方や猛烈な痛みで動けなかった方もしっかりと痛みを取り除くことはもちろん、根本的に「痛みの出ない体づくり」をお手伝いいたします!

筋肉の硬さや痛みを「ハイボルト療法」「トリガーポイント療法」電気を流すはりである「低周波はり通電療法」「鍼灸(しんきゅう)治療」で改善し、骨格の歪みを「骨盤矯正」で根本的に姿勢から改善し、加齢や出産、不良姿勢で低下している深層筋「インナーマッスル」を強化するトレーニングなど、患者様の症状に合わせて様々な角度からご提案させていただきます!

ぎっくり腰は放置せず、数多くの患者様から喜ばれ、信頼されているほねごりグループでしっかりと治療しましょう!!